介護職ならではの休日について考えてみてはいかがでしょう

介護職の休日

休日が少なくても我慢している介護職員や、これから介護職に就こうとしているけどちゃんと休めるのか不安な人はいませんか?待遇は施設によって大きく違うので、ぜひこのサイトを参考にして理想の職場で働いてください!お問い合わせはコチラから。

こんな過ごし方はいかが?

しっかり休むことが大切

しっかり休むことが大切

介護職は、身体的にも精神的にもハードな仕事です。身体に疲れが残ったままでは、良いサポートをすることができませんし、自分らしい仕事の仕方を追及していくことも難しくなってしまいます。また、利用者からの心ない言動に傷ついたり、スタッフ間の人間関係で悩むこともあるのでストレスがたまりがちです。それをそのままにしていてはいつか爆発して周りの人に迷惑をかけてしまうでしょうし、なによりきっと自分が辛い気持ちになるでしょう。そういったことのないよう、健康な状態で仕事を続けていくために、しっかり休むことが必要なんです!身体を休め、ガス抜きができる自分なりの過ごし方を考えてみましょう。

休日までの準備がポイント

より良い休日にするために、いくつか実践してみてほしいことがあります。まず一つ目は、計画を立てることです。まず休みの日に何がしたいのかを挙げてみましょう。その中で優先順位をつけて、次の休みはこれをやる!と決めておきます。例えば旅行や買い物に行くのであれば、土日と比べて比較的混雑が和らぐので平日の希望休を申請しておきましょう。他の職場の友人などと一緒に出掛けるのであれば土日のほうが都合が良いかもしれませんが、一人で行動する場合は申請が通りやすい平日がおすすめです。
二つ目は、休日以外の日にできることは済ませておくということです。家事や通院など、必要なことであってもそれだけで休日が終わってしまったらやっぱり悲しいですよね。例えば出勤前に洗濯や掃除をして溜め込まないようにしたり、早く退勤できる日に通院するようにしたりして、なるべく休日はフルに使えるようにしておきましょう。また夜勤のある施設で勤務する場合は、夜勤明けは休日であっても身体を休めるために寝ていることが多いので、前日に買い出しを済ませておくとゆっくり過ごすことができるようです。

リフレッシュは頭の切り替えから

介護職の休日の過ごし方で大切にしてほしいのは、「頭を切り替える」ということです。休日は頭の中を空っぽにして、仕事のことは一旦忘れてしまいましょう。職場から連絡がくることもあるかもしれませんが、それはその時だけ考えれば良いことで、ずっと仕事のことを考えている必要はありません。考え続けているよりも、一旦頭を切り替えてリフレッシュした状態でまた仕事に臨むほうが効率的ですし、良いパフォーマンスができるはずです。
そのためにも、休日に職場の人と会うのはおすすめしません。結局仕事の話になってしまい、愚痴ばかり言って全然リフレッシュできない、という結果は目に見えているはずです。休日くらいは時間や人に縛られず、自分のペースで過ごしてくださいね。
他にもより良い休日のためのヒントがたくさんありますので、少しご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

休日を制する者は人生を制する?!

  • 専門家に頼るのが安心専門家に頼るのが安心

    多くの求人が出ている介護の仕事ですが、いざ条件がよく自分に合った職場を探そうと思うと、情報量が多すぎるのでひとりで的確な判断をすることはとても難しいです。働き始めてから後悔しないように、転職エージェントを利用してみてはいかがでしょうか?

  • こんな過ごし方はいかが?こんな過ごし方はいかが?

    リラックスして心身を休ませる方法は人それぞれ。一日中寝ているのが良い人もいれば、スポーツを楽しんだり美味しいものを食べに行くのが良い人もいます。ただ共通して言えることは、「頭の中をリセットするのが大事」ということです。良い休日にしましょう!

  • 人手不足で休みづらいのが不満!人手不足で休みづらいのが不満!

    介護業界に休日が少ないイメージがあるのは、人間を相手に365日24時間のケアが必要だという仕事の特性が理由かもしれません。しかし、本当の原因は人手不足にあります。多くの介護職員を悩ませるこの問題に、解決の糸口は見つかっているのでしょうか。