ちゃんと休んでる?介護職の休日あれこれ

介護職の休日

休日が少なくても我慢している介護職員や、これから介護職に就こうとしているけどちゃんと休めるのか不安な人はいませんか?待遇は施設によって大きく違うので、ぜひこのサイトを参考にして理想の職場で働いてください!お問い合わせはコチラから。

介護職の休日あるある

どんな仕事をしていても、やっぱり休日は嬉しいものですよね。気分的なことだけでなく、普段の疲れを癒してまた仕事で良いパフォーマンスをするためにも休日はしっかり取らなければならないので、就職や転職の際に職場選びの大切なポイントにもなってきます。「介護職の休日あるある」では、仕事がハードなイメージのある介護職はどのくらい休日があるのか、またどんな過ごし方をしているのか紹介しています。ちゃんと休める職場選びの方法もこっそり伝授しますよ!

  • 介護職の休日事情

    仕事がハードで休日が少ない、というイメージが強い介護職。実際のところ、介護職の休日事情はどうなんでしょうか?年間休日日数の平均は他業種と比べても少なくないようですが、休みをとることに遠慮や負い目を感じている介護職員は多いようです。そこには人手不足が問題となっている介護業界ならではの原因があり、政府もそれを黙って見過ごしているわけではありませんが、働く側にも工夫が必要です。その工夫によっては、家庭の事情などでしっかり休日を取らなければならない人も快適に働くことができるのです。

    つづきへ

  • 休日は何してる?

    休日は身体的疲労だけでなく精神的な疲労を回復するためにも必要なものです。普段から心身共に負担の多い仕事をしている介護職の皆さんは、休日をどのように過ごしているのでしょうか。実は家で一人まったり過ごすことが多いようですが、これには単に疲れているからということ以外にも様々な理由があるようです。何にせよ、休日にしっかりとリフレッシュしてまた良い仕事をするということが自分にとっても周りにとっても良いことですので、より良い休日を実現するためにあらかじめ計画と準備をしておくことがおすすめです。

    つづきへ

  • ちゃんと休める職場で働きたい!

    給料が高ければちょっとくらい休日が少なくてもいいや…と考えている方、それは危険かもしれませんよ!休日は心身をリセットさせるために欠かせないものであるという理由もありますが、実は休日日数の少ないところは給料も少ない傾向があるからなんです。逆に、休日日数の多いところは給料も高い傾向で、施設によって待遇の差が大きいということがわかります。それならばなんとか条件の良いところで働きたいですよね。そのために知っておきたい情報を集めましたので、ちゃんと休みたい人はチェックしてみてくださいね!

    つづきへ

  • 健康的に働くため休日は大切に

    身体的にも精神的にも負担が多い介護職の仕事を続けていくためには、しっかりと休養をとることが大切です。休日が少ないイメージのある介護職ですが、実は年間休日日数が120日を超える施設もあります。ただ、人手不足などの理由により少ない休日で過酷な労働を強いられている職場があるのも事実であり、その環境は施設によって千差万別と言えます。待遇のしっかりした職場で働き、自らも休日を有意義にするための工夫をすることによって、仕事とプライベートのバランスがとれた健康的な生活を送りましょう。

    つづきへ

休日を制する者は人生を制する?!

  • 専門家に頼るのが安心専門家に頼るのが安心

    多くの求人が出ている介護の仕事ですが、いざ条件がよく自分に合った職場を探そうと思うと、情報量が多すぎるのでひとりで的確な判断をすることはとても難しいです。働き始めてから後悔しないように、転職エージェントを利用してみてはいかがでしょうか?

  • こんな過ごし方はいかが?こんな過ごし方はいかが?

    リラックスして心身を休ませる方法は人それぞれ。一日中寝ているのが良い人もいれば、スポーツを楽しんだり美味しいものを食べに行くのが良い人もいます。ただ共通して言えることは、「頭の中をリセットするのが大事」ということです。良い休日にしましょう!

  • 人手不足で休みづらいのが不満!人手不足で休みづらいのが不満!

    介護業界に休日が少ないイメージがあるのは、人間を相手に365日24時間のケアが必要だという仕事の特性が理由かもしれません。しかし、本当の原因は人手不足にあります。多くの介護職員を悩ませるこの問題に、解決の糸口は見つかっているのでしょうか。