有意義な休みを過ごしてストレス発散

介護職の休日

休日が少なくても我慢している介護職員や、これから介護職に就こうとしているけどちゃんと休めるのか不安な人はいませんか?待遇は施設によって大きく違うので、ぜひこのサイトを参考にして理想の職場で働いてください!お問い合わせはコチラから。

健康的に働くため休日は大切に

健康的に働くため休日は大切に
  • 介護職の休日取得状況はこんなかんじ

    介護職の休日取得状況はこんなかんじ介護職には、仕事の内容がハードなイメージがつきがちなことから、休みが少ないように思われがちですが、実際のところ年間休日日数の平均は他の企業と同じくらいなのを知っていましたか?それでも休みが少ないイメージが消えない秘密は、介護職員の有給取得にあります。介護の現場に入ると仕事に対する責任感が生まれ、有給休暇を取得することで、周りに迷惑をかけてしまうという想いから有給休暇の取得を遠慮してしまう人が多いようです。

    詳しくはこちら

  • こんな過ごし方はいかが?

    こんな過ごし方はいかが?この記事では、せっかくの休日をどう有意義に過ごすかについて紹介します。介護職は身体的な負担はもちろん、様々な人と深く関わる仕事なので、とくに人間関係においてストレスがたまりやすいものです。ストレスをためたまま仕事を続けると、いつか爆発してしまいます。ストレスが利用者や一緒に働く職員に向いてしまっては、たくさんの人に迷惑をかけることになりますよね。これからも長く仕事を続けていくためにも、より良い休日の過ごし方を探ってみましょう。

    詳しくはこちら

  • ブラックな職場の見極め方

    ブラックな職場の見極め方職場選びの際に、休日日数を重視するあまり毎月の給与や職場の雰囲気を妥協するのは、いわゆるブラック企業の職場を選んでしまう可能性が多いのです。数ある介護施設の中でも実態は様々で、施設の経営状態によって職員への待遇が変わってくるのです。職員の休日を確保できている施設は、人員的に余裕がある場合が多く、自然と人間関係にもプラスにつながることが多いのですが、逆に余裕のない施設は給与が良くても人間関係が良好ではない、休日が確保されていない施設はブラック企業の可能性が高いのです。

    詳しくはこちら

休日を制する者は人生を制する?!

  • 専門家に頼るのが安心専門家に頼るのが安心

    多くの求人が出ている介護の仕事ですが、いざ条件がよく自分に合った職場を探そうと思うと、情報量が多すぎるのでひとりで的確な判断をすることはとても難しいです。働き始めてから後悔しないように、転職エージェントを利用してみてはいかがでしょうか?

  • こんな過ごし方はいかが?こんな過ごし方はいかが?

    リラックスして心身を休ませる方法は人それぞれ。一日中寝ているのが良い人もいれば、スポーツを楽しんだり美味しいものを食べに行くのが良い人もいます。ただ共通して言えることは、「頭の中をリセットするのが大事」ということです。良い休日にしましょう!

  • 人手不足で休みづらいのが不満!人手不足で休みづらいのが不満!

    介護業界に休日が少ないイメージがあるのは、人間を相手に365日24時間のケアが必要だという仕事の特性が理由かもしれません。しかし、本当の原因は人手不足にあります。多くの介護職員を悩ませるこの問題に、解決の糸口は見つかっているのでしょうか。